ウェブ

制作料金

2017年5月15日(月) 4:19 pm

ウェブ制作の場合、料金を明示することがけっこう難しいです。
表側ではなく、裏側の仕組みの仕様や、閲覧環境の設定(多岐に渡ると膨大な制作費がかかるため、スタジオオレンジでは限定させていただいてます)、運用更新をどうしていくか、とか、算定するのがたいへんです。
ざっくりは言えますが、誤差がかなり出る場合も。

ちなみに、たまにこれいくらくらいかかってるように見えますかとご質問いただきます。
見える範囲での費用をお伝えすると、だいたい合ってます。
ごくごくごくごく稀に、これにそんなにかかってるんですか?くらい、費用と成果物が合ってなさそうなのもあるんですが、実際それは制作サイドとお客様の間のやりとりで、見えてないところにすごく時間とお金がかかっていたりするので、一概にぼったくりとも思いません。
(作った人にクレームするため?)出来上がりの評価をお願いされることもありますが、それは出来ません。
作り手がどういう状況でどんな条件でその作業をしなくてはいけなかったか、と考えると、その立場になってみないとそれが妥当かどうかなんてわからないからです。
こうした方がもっといいですよ、というアドバイスは出来ます。

スタジオオレンジでは、本当ならばここまできっちりやりたいという点もありますが、お客様には無駄のない費用のかけ方をしてただけるように、ぶっちゃけそこまでいらない、というところは省いています。
ウェブには正解がないです。日々進化していて、昨日まで当たり前だった方法が、明日には別の方法に切り替わっていたりします。
数年経っても生き残っている方法をベースに、今後の動向を考えて、新しいものも少々追加して作る、そんな感じです。

相場をお伝えしないといけないので、制作料金のページを作っていますが、もう少しわかりやすくしたいというところが悩みです。
パッケージ料金的にするとか?
これだけでこんだけ、みたいにするとか?
物件の間取りチラシみたいにしてみるとか?
いろいろ考えたんですが。うーん。もうちょっと考えないとだめですかね。

例えば、スタジオオレンジのサイトを案件として受けたらなら、いくらくらいかというと、30〜50万円くらいです。
もっと高いところももっと安いところもあると思います。
価格相応以上の効果と思ってもらえるような制作をしていきたい、です。

LINEで送る
Pocket


TOP